がもたらすストレス解消(健康)の効果
は悲しい時に流すものであり、どちらかと言うと暗い後ろ向きなイメージがつきものです。
更に大人になると人前で涙を流す事を恥ずかしく思い、涙を流す機会や場所も減りますよね。涙が出そうになってもこらえて我慢したりする人も多いはずです。
ですが泣くことでスッキリした、ストレスが解消されたと感じる事はありませんか?
実は涙を流すという事はとても健康には良い部分が多いのです。
 

ストレス解消効果

泣くことは最高のストレス解消方法!として脳の研究者が推奨しています。
悲しい時に出る涙や感動した時に出る涙には高い抗ストレス効果があるとされていて、中でも他者への共感から生まれる「感動の涙」を流すと、緊張・不安・敵意などのネガティブな気分が解消され健康に良い事が実験からわかっています。
これは緊張やストレスに関係する交感神経から、脳がリラックスした状態の副交感神経にスイッチが切り替わるからだとされていて、たくさん涙を流すほどストレスが解消して健康になると言われています。

 

感情を安定させる効果

ストレス過多で生活リズムが乱れがちな現代の人達は「セロトニン」を脳内で合成・分泌するセロトニン神経が弱っている事が多くうつ状態を招きやすいと言われています。
「セロトニン」とは心の健康的なバランスを保つ重要な存在で、不足すると落ち込みやすくなったり、すぐイライラしたりするようになってしまいます。
逆にセロトニンが多くなるとちょっとしたストレスに対して軽く受け流す事が出来るようになったり、朝の目覚めが良くなったりします。
実はこのセロトニン神経の活性化に繋がるのがなのです。
涙を流す事によりセロトニンが脳内で増え心の健康バランスを保つ効果があります。これはストレス解消同様に「共感」により流す涙がより効果的ということです。


 

悲しみや傷みを和らげる効果

を流した後には脳内ホルモンの一つで強い鎮静作用がある「エンドルフィン」が増加します。エンドルフィンは脳内で作られる自然なモルヒネ様物質で、痛みや悲しみを和らげてくれる効果があります。
このエンドルフィンは適度な運動の後にも増加します。
だから泣いた後や運動の後はスッキリとした気持ちになるのです。

 

 

 

 

 

免疫力を高める効果

免疫力とは細胞やウィルスが体内に入ってきた時にそれを異物として体外に排除しようとする仕組みの事です。
涙には「コルチゾール」というストレス物質が多分に含まれています。
コルチゾールには免疫力の低下・血圧や心拍数の上昇・ホルモンバランスの崩壊に繋がったりと健康面でも様々なデメリットがあります。
つまりを流すことによりこのコルチゾールが体外に輩出されるため体内の浄化・健康に繋がっていくのです。
更に副交感神経に切り替わる事によりリラックス効果があり、内蔵が活発に働く・筋肉がゆるむ・血行が良くなりリンパの流れが良くなる・疲れが回復するなどの健康的効果もあります。

 

“涙活”が話題になっています

このような涙の力に注目し、能動的に泣くことで心のデトックスを図る“涙活”がブームになってきています。
涙活とは見知らぬ人達で集まり、泣ける映画や朗読を聞いて意識的に涙を流すイベントです。感動の涙や共感の涙を流す事により効果的にストレスの解消に繋がります。
人物に共感し涙が出るまでには最低15分はかかるそうです。
それだけの感情を蓄積させて流す涙ですのでその効果は絶大!週末に号泣すれば1週間くらいはストレス緩和が持続するので、脳科学的にみても涙活はやるべきだとされています。
人によって“泣けるツボ”は違いますので、自分が泣けるモノを持っておくのはいいことだとされています。
他人へのアピールではなく、自分のメンタルをコントロールするために涙を上手に活用するのが健康的な涙の流し方です。